52歳から習い始めたピアノの練習日記など♪♪ マラソンやバイクなども交えつつ書いていきたいと思います。
http://usausau.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

うさぎのぽち

Author:うさぎのぽち
うさぎのぽちです。
現在55歳のオッサンです。
中学1年までピアノを習ってましたが、2年になる頃に引っ越しをして、それ以来ピアノから遠ざかっていました。
50になる手前で突然ピアノを再開して、52歳からピアノを習い始めました。
なかなか上達しないけどボチボチやっていこうと思ってます。
ピアノ初心者なのでよろしく!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2011年の5月からピアノのレッスンに通い丸3年。
石の上にも3年と言いますが、レッスンに通った3年間で進歩したんでしょうか。
年間で44回程度のレッスンなので、おおよそ130回ほどレッスンしてもらったことに
なります。その間に弾き合い会と発表会が2回ずつありました。

進歩したかどうかはともかく、一人で練習していたらとうてい最後まで終わることが
できそうにない難しい曲をレッスンでコツコツと教えてもらって発表会で演奏できた
のは、なによりの励みになりました。

さて4年目に入って次はどんな曲を弾こうかと、この連休中に選曲していたのですが
ドビュッシーの「月の光」とショパンのノクターン1番(Op.9-1)を弾いてみたいな
と思っています。

他にもベートーベンの月光第三楽章やショパンの幻想即興曲などチャレンジしたい
曲がありますが、まだまだ弾けるレベルではないので、ちょっとづつゆっくり練習
して数年後に弾けるようになりたいと思っています。

そろそろジャズの曲もやってみたいなと思いの尽きないゴールデンウィークでした。 
スポンサーサイト
Category: ピアノ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2014.05.06/ 23:39(Tue)
発表会も終わり次に何をするかまだ決めていません。
とりあえず長らく中断していたツェルニーとバッハのインベンションは
再開しますが、先生からは今までは難しい曲ばかりだったので易しい曲
をキチンと弾く練習をしましょうか、ということでブルグミュラー25の
練習曲の中から2曲ほど次回までに練習しておくように言われました。

1曲目は1番の「素直な心」、2曲目は10番の「やさしい花」です。
子供の頃からピアノを習っている人にはおなじみのブルグミュラーですが
実は私はバイエルの次にソナチネに行った記憶しかなく、ブルグミュラー
は始めてです。「アラベスク」は発表会で弾いた記憶がありますが、他の
曲はほとんど知りませんでした。
片手づつなら初見でもある程度弾けそうな感じでパラパラとページを
めくりながら弾いて見ると素敵な曲ばかりですね。

「素直な心」はレガートでなめらかに弾く練習ですが音の粒を揃えるのは
かなり慎重に弾かないと難しく、強い指と弱い指をバランス良く弾くこと
を意識してしかも滑らかに弾く技術が要求されます。

「やさしい花」はとても綺麗な曲で優しく丁寧に弾く練習です。
最初の部分はピアノで優美に弾きます。途中は少し大きく軽快に強弱に
気をつけながら弾いて再現部ではまた優美に弾きます。

たった1ページの曲ですがドラマチックな曲で表現力をつけるにはピッタリ
の練習曲ですね。
 
Category: ピアノ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.12.02/ 22:11(Mon)
フォルテの音がうるさいとよく言われます
自分でもキンキンうるさいのはわかるのですが
どうすれば包み込むような大らかなフォルテでを出せるのか
思い悩んでます。

オジさん1号のスコットさんは大らかなフォルテ、大人のフォルテを奏でます。
決してうるさくない。

叩きつけるからダメなのか
本を読むと腕全体を使って脱力して音を出すように書いてあったけど
いろいろ試してみるけどいまいち効果が出ません。

目と耳と体を総動員して試さないとダメなんでしょうね。 
Category: ピアノ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.11.16/ 23:41(Sat)
エリーゼのために。
ピアノを習っている人にとっては非常に有名な曲ですね。
私も子供の頃に弾きました。
そのころはこの曲がベートーベンの作曲だとは知らなかったと思います。

でも、今あらためて弾いて見ると随所にベートーベンらしさが感じられます。
特に終盤の左手の連打音が続くあたり。
ああ~ベートーベンだなと思います。

この曲は最初のフレーズが何度も繰り返される印象的な曲です。
楽器店などでピアノを習ったことのありそうな人がピアノの試し弾きで良く
弾いているのを耳にします。ピアノといえばこの曲というぐらい有名な曲ですね。

最近また弾きたくなって練習していますが、きちんと弾こうと思うと結構難しい
曲です。やっぱりベートーベン様の曲は一筋縄ではいきません。
繰り返すメロディーの変化をどのようにつけるか、
盛り上がりはどこか、
強弱、ペダル
などなど。

この1曲でもソナタに通じるものを感じます。

 
Category: ピアノ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.11.16/ 23:17(Sat)
アダージェットの練習がなかなか進まないので
気分転換に最近ベートーベンの月光第1楽章を練習してます。

第1楽章は他の楽章に比べて弾きやすいですが、ゆっくりとしたリズムを
丁寧に弾くのは結構難しいです。
単調に弾くと味気ないし、あまり揺らしすぎても気持ち悪いし。
右手のメロディーを歌うのは悲愴の第2楽章と同じで右手の小指なので
バランスをかなり気をつけないとメロディーが埋もれてしまいます。

ところで、ベートーベンの月光はどんな月のイメージなのでしょうか。
全体適に重く沈んだもの悲しい雰囲気がありますが、中ほどに出てくる
ゆらゆらと揺れるメロディーがとても切なく美しく感動的です。

2楽章の間奏曲っぽい楽章から3楽章の情熱的な激しい楽章へと気持が
昂ぶるソナタですが、1楽章は秘めたる感情を表現しているのでしょうか。 
Category: ピアノ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2017 ピアノ弾こうかなぁ~っと♪, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。