52歳から習い始めたピアノの練習日記など♪♪ マラソンやバイクなども交えつつ書いていきたいと思います。
http://usausau.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

うさぎのぽち

Author:うさぎのぽち
うさぎのぽちです。
現在55歳のオッサンです。
中学1年までピアノを習ってましたが、2年になる頃に引っ越しをして、それ以来ピアノから遠ざかっていました。
50になる手前で突然ピアノを再開して、52歳からピアノを習い始めました。
なかなか上達しないけどボチボチやっていこうと思ってます。
ピアノ初心者なのでよろしく!

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2012.07.31/ 00:08(Tue)
4月のとある寒い日
ピアノ教室の大人の生徒3人と先生の4人で飲みに行きました。
そのときに、好きなアニメは何?と言う話になりました。
先生とIさん
ワンピース!
オッサン二人は見たことが無いので返事に困りました
が、音楽アニメの「のだめカンタービレ」は面白いなという話には参加できました。
ぽちは「ピアノの森」が大好きなのですが、皆さん読んだことが無いということで少し説明しました。
説明下手なのでわかってもらえたかどうかは
のだめのような恋愛要素はあまり無いけど、ピアノ好きならきっとはまると思うのでおすすめです。

このときに言わなかったアニメで、もう一つ大好きなものが。
それは「十二国記」というアニメです。
こちらは三国志のような歴史物とネバーエンディングストーリーのようなファンタジーの世界が融合したようなもので、独特の世界観のアニメです。
説明するよりも見た方が早いので、8月2日(木)の夜中2時から NHK BSプレミアムで放送しますので是非見てください(NHKの回し者ではありません)。
放送詳細はこちらです → 十二国記放送予定 
スポンサーサイト
Category: アニメ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.07.30/ 23:20(Mon)
連弾は今日は後ほど相方のHさんと合わせるということで、サラッと弾いて終わり。
あとでとんでもないことに。。。

ベートーベンの悲愴第1楽章17回目。
スランプ抜け出せず。
暗譜で1回通しで弾く。
所々音を忘れる。チャンと覚えられていない
弾き直しが多いことも先生に指摘される。
少々間違っていても止まらず弾くように言われる。
和音の音が少しでも違っていたら止まってしまうクセがあるようだ。
113小節目からの右手の単音のフレーズは間違えるとわかりやすいので何度も良く練習するように。
227小節目からも同じ。弾き直さず弾けるようにすること。
まだまだpができていないので意識して弱音で弾くこと。
全体的に音が大きくて盛り上がりのところがぼやけてしまう。
音の構成をもっと良く見て、同じフレーズが出てくるところはどこか考えながら効率的に曲を覚えること。
なんか、今回は後退して色々なところの指摘を受けた。
あと1ヶ月で仕上がるのだろうか

後のレッスンのHさんが来られたので連弾の合わせ練習をする。
初合わせで緊張
最初は合わなかったが、先生の厳しい指導のおかげで、5回ほどでなんとか形になってきた。
途中ボロボロだったが、なんとか最後まで止まらず弾くことができた。
先生には
最初にしては上出来ですよ。
もっとメチャクチャになるかと思ったので良かった。

とのコメントをいただいた。
オッサンたち、これからがんばります  
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.07.30/ 10:38(Mon)
ひさびさに、ぽちこのことを書きます
うさぎはくつろぐとビロ~ンと伸びて寝ます。
のびうさぎ1
後ろ足が結構長い
ちっちゃかった頃は寝るときも急にパタンと寝るので最初はビックリしました。
なんか急に具合が悪くなったのかと思いましたが、手足が短いからなのか不器用だからなのか倒れ込むように寝ます。
最近は大人になったからかユックリと寝ることもできるようになったみたいです。
うさぎっておもしろいですよ。 
Category: ぽちこ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.07.22/ 23:41(Sun)
今日は100までピアノライフの川村さんのピアノ展示場にお邪魔しました。
できたての展示場なので中はとってもキレイ
まずはウワサのスタインウェイを見せてもらいました。
70年以上も前のピアノとは思えないぐらいのピアノです。
ショパンのワルツのさわりと悲愴第2楽章はじめのところを少し試弾しましたがすごくまろやかな音。
いいな~いいな~

次に見せてもらったのはアポロピアノ。
ヤマハとカワイしか知らなかったド素人のぽちは、アポロって?
て感じだったけど、弾かせてもらうとこれまたすごく良い
ピアノは黒というイメージがあるけど茶色(マホガニー)のキレイな色。
アポロピアノ
写真では見事なワインレッドに写りました。
すごく良い感じのピアノで、なんとこのピアノはグランドピアノタッチに改造してあり、ぽちが悩んでたトリルがすごく弾きやすい
しかもSSSアクションという機能がついていて、一番左のソフトペダルを踏むとグランドピアノと同じように鍵盤がスライドして叩く弦の数を減らして音量を変える仕組み。
なにもかもグランドと同じようになっていて外観だけがアップライトというものです。
うちにピアノが無かったら欲しい

グランドピアノも弾かせてもらいました。
ウエンドル&ラングの長さ151cmのグランドピアノ。
ウエンドル&ラング
このピアノもすごく弾きやすく、音も優しく自分の腕が上がったような弾き心地でした。

いろいろなピアノを見せていただいて、とても勉強になりました。
一般の楽器店だと有名どころのヤマハとカワイぐらいしか置いてないので、こんなにいろいろなメーカーがあることにも驚きですが、弾き比べてみると音色もメーカーごとに違っていてビックリです。
調律・整音などでも音色がすごく変わるそうなので、川村さんのピアノに対するこだわりが現れているようです。

ついでに近くにあるピアノ工房も見せていただきました。
工房ではノッポさんがお仕事中でした。
ノッポさん修理中
川村さんも大きいのですが、さらに背の高いノッポさんです(奥の方)。
グランドピアノが丸裸状態で鍵盤のピンの掃除やフレームをキレイにされていました。
ノッポさんもユーフォニュームという楽器されているそうで音楽の話をすると止まらなくなる。。。
みたいで、お仕事中にもかかわらず手を止めて話し込んでしまいました。
飛び込みでピアノ整備のお仕事が入ったので仕事に戻られましたが、なんかご迷惑をおかけしたような

川村さん、ノッポさん
ありがとうございました。
とても楽しいひとときを過ごせました。

また遊びに行きますね  
Category: ピアノ
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.07.21/ 23:07(Sat)
連弾曲の練習。
間違いやすいところは譜面を見ないでも弾けるように暗譜する。
鍵盤を見ながら弾いて音を間違えないようにしましょうね。
グループ(固まり)になっているところを覚える。
それと左手の和音進行を理解すること。
なるほど。

ベートーベンの悲愴第1楽章16回目。
スランプ状態。
先週は三連休に続く平日はほとんど練習できていなかった。
弾いても進歩が無く落ち込むので弾けなかった
きのうは左手のトレモロに力が入りすぎて手が痛くなってやめてしまった。
先生には
左手が強すぎるので痛くなるのでもっと軽くソッと弾きましょう。
と言われる。
いつも言われるように全体を通して、音はpなので小さく小さく弾く。
pのところは色鉛筆で色を塗るなどして意識付けできるようにする。
どうすれば弱い音でちゃんと弾けるようになるんだろうと悩む毎日。
最近うまく弾けなくて練習をサボりがちで、そのことを先生に話すと
とにかく1日10分でも良いのでピアノを練習してください。
ピアノは弾きだめできませんからね。

と言われる。
毎日とにかくピアノと向き合うことが大事なんだ
あと一ヶ月、とにかく目標に向かって進むしかない  
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.07.14/ 22:30(Sat)
連弾曲の練習。
とにかく止まらず弾く練習を心がける。
先生と合わせてみる。
1回目の時より先生の音を聴くことができた
でも、先生に上手く合わせてもらったのでダメダメなのは相変わらず。
連弾むずかしいなぁ

ベートーベンの悲愴第1楽章15回目。
提示部からはテンポアップ。
4分音符で112ぐらいで弾く。
89小節からの分散和音のところは一つの和音の固まりとして弾いて音の構成をつかむ練習をする。
和音にするとすごくキレイな音  
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.07.07/ 23:09(Sat)
連弾曲の練習。
前半部はまあまあ。
後半部は練習不足のため弾けてない
今日は先生の見本演奏を録音させてもらった
家でしっかり練習しなくっちゃ。
そろそろペダルを付けることになりそうだが、セカンドの方がペダル担当とは知らなかった
プリモの音もちゃんと聴いてペダルを付けないといけないらしい。。。
できるのかなぁ

ベートーベンの悲愴第1楽章14回目。
序奏部、1小節目からペダルの後踏みがうまくいかず音が濁る。
何度か練習して先生に修正してもらう。
提示部からのペダルは中途半端に踏んでいるので音が濁ると指摘される。
なんか左手のトリルが残って音が濁りそうで弱く踏んでいたが、逆に弱く踏むと濁るそうだ。
ペダルはしっかり下まで踏んで、足首がボキボキいうぐらいしっかり上下させて下さいね。
ペダルを付けたので弾く速さが遅くなったみたいなのでもう少し速く弾くこと。
多分前に指定してもらった速さよりもだいぶ遅くなっていると思う。
35小節からのクレッシェンドは3回出てくるので、段階的に音を大きくする。
1回目はほとんどクレッシェンド無しぐらいの気持ちで。
左手のトレモロは相変わらずうるさい。
何回注意されてもどうしてもバタバタと大きな音になる。
189小節からの単旋律の下降部分は、単調な弾き方になっている。
ツェルニーの練習曲を弾いてるみたいですよ。
もっと感情を込めて音を味わって弾いてください。

が・ん・ば・り・ます
和音の難しいとことはそろそろ暗譜して、できるだけ鍵盤に集中できるようにしましょうね。
が・ん・ば・り・ます 2
今年の夏は暑い夏になりそうだ

今日のまとめ
ペダルはしっかりと踏みましょう(ボキボキ) 
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(0) 
 
Copyright © 2012 ピアノ弾こうかなぁ~っと♪, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。