52歳から習い始めたピアノの練習日記など♪♪ マラソンやバイクなども交えつつ書いていきたいと思います。
http://usausau.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

うさぎのぽち

Author:うさぎのぽち
うさぎのぽちです。
現在55歳のオッサンです。
中学1年までピアノを習ってましたが、2年になる頃に引っ越しをして、それ以来ピアノから遠ざかっていました。
50になる手前で突然ピアノを再開して、52歳からピアノを習い始めました。
なかなか上達しないけどボチボチやっていこうと思ってます。
ピアノ初心者なのでよろしく!

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2012.12.22/ 22:53(Sat)
クリスマス発表会は11時から14時半までリハーサル可能だということで、マヨ先生のレッスンが終わってすぐにヒロさんと合流し発表会場の音楽サロンに向かいました。
会場に着いた時は主催の先生がいらしただけで、ピアノが空いていたのでヒロさんと順番に練習しました。
ピアノは前日に丁寧に調律されたということで、すごくいい音でした。

人が来るまで7回ほど練習したでしょうか。
弾けないところは殆ど同じところで、集中してその部分を練習。
3回目ぐらいでいい感じに弾けたのですが、ベストと思えるのは、その1回ぐらい。
弾ける確率は1/7ぐらいです。

14時頃になると人が集まり出してヒロさんとの貸し切り状態はそこで終わり。
あとは人の練習をひたすら聴くことになりました。

15時から本番が始まり、私たちの出番は16時半頃になりました。
出番直前に同じピアノ教室のスコットさんが仕事帰りにもかかわらず駆けつけてくださり、私とヒロさんの演奏を聴いてくださいました。

肝心の演奏ですが、あれほど注意しないとと思っていた第1音の音が出ず、正確に言うとメロディーの音しか出ず和音が鳴らなかったのですが、弾き直してしまいました。
途中も音は間違う、音が分からなくなるで、前半はボロボロ。
なんとか後半からは持ち直しましたが、あれだけリハーサルで弾いた成果はありませんでした。
やはり家で弾けるからといって本番の緊張状態では弾けませんね。
先生の前でも結構ミスってたので、緊張状態でも正確に弾けるように仕上げることが課題です。
自分の中では今日の出来は20点ぐらいです(9月の発表会は10点かな)。
せめて次は60点以上の出来になるよう頑張ろうと思います。

発表会のあとはヒロさんと反省会。
というか、オジさん二人のクリスマスイブイブイブお食事会。
音楽の話やジョギングの話などしながら気がつけば22時過ぎまでおしゃべりしてました。
出来はいまいちでしたが、いい経験になりました。
これに懲りずに色々な発表会に出てピアノのモチベーションを上げようと思った一日でした。

まだ編集してないのですが、年末年始のお休みに発表会の録音をアップしますね。 
スポンサーサイト
Category: 発表会
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
2012.12.22/ 11:48(Sat)
発表会当日のレッスン。
細かな注意はありませんでしたが、曲の流れ特に主題の終わりや、
次の主題に行く直前の終わりなどを注意して少しリタルダントして
終わりを意識して次の主題に入るなど
注意して弾くだけでかなり良くなると教えていただきました。

とにかく、ここまで来たんだから後は発表会を楽しんでくださいね、と言う言葉を頂いて発表会に向かいました。

発表会の報告へつづく 
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2012.12.15/ 20:59(Sat)
レッスン日記

いよいよ本番一週間前。
スコットさんが前レッスンだったので本番前の緊張の練習ということで、先生と一緒に聴いてもらいました。
最初から内声の音を間違えるわ、途中のバス音間違えるわで一週間前とは思えない出来でした。
恥ずかしい

今日は2時間練習でみっちりとしごかれました。
最初からミスっているので、先週と同じように今度は内声の音を練習する。
ラミラミ、ソミソミ、ラミラミ、シミシミとなるところを
ラミラミ、ソミソミ、シミシミ、シミシミと弾いていた。
曲の流れでサラッと弾けてしまうと気がつかないが途中で間違うと何の音を弾くのか途端に分からなくなってしまうという悪いクセがあり、音を分解して考えることを全くやっていないからだということが良く分かった。

練習する時は
①音名を歌う練習をする
②音名を歌いながら弾く練習をする
③頭の中で音名を思い浮かべながら弾く練習をする
という3パターンの練習をすればキチンと音を理解して弾けるようになるそうです。自分自身は弾き語りはとても無理と思っていたので、②の練習は無理と思い込んでいたが先生曰くチャンとできてましたよ、と言われた。

また、練習する時は、最初から最後まで通して練習するのではなく、間違っているところを重点的に部分練習することが大事だということも教わりました。
それには冷静にどこで間違ったかを理解することが必要であり、
弾いている自分と、少し離れたところから客観的に見て聴いている自分を意識して練習することが大事だそうです。

今日は音楽的なことも色々と教えていただきました。
まず、この曲は何調でしょうか、と聞かれたので
とっさに
精華町!
と言ってしまいました。
おやじギャグや!
と、すぐさま先生に突っ込まれました。
最初は♭4つの変イ長調だそうです。
変イ長調の主音がラで属音が5度上のミで、属音は主音で終わるというカデンツ(終止形)も教わりました。音楽も国語などと同じように文法があり、法則に従ってるので、その文法(楽典)を理解すれば暗譜もやりやすくなるようです。
2時間のレッスンは色々と詳しい話が聞けてすごく充実してます。

緊張の練習については、前の発表会の時にも教えていただきましたが、録音すると良いそうです。録音するんだ、ということで普段よりも緊張するということでさっそく家に帰って録音してみました。
ブログに載せるのにかなりビットレート下げたので音が歪んでますが下手さ加減は分かりますので記録として載せておきます。

悲愴第2楽章 
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2012.12.08/ 16:03(Sat)
10月、11月とすごく仕事が忙しくてブログの更新が全くできませんでした。
12月に入って少し落ち着いたので(といっても年末の忙しさ)久々にレッスン日記をアップします。

実は、12月22日に外部のクリスマスコンサートに参加します。
弾くのは悲愴の第2楽章。
結構思い入れのある曲で、ピアノを再開した時に弾きたいと思って独学で練習していた曲です。
今のピアノ教室で初めて見てもらった曲でもあります。

10月の終わりごろから再び見てもらっており、5回目のレッスン。
そろそろ暗譜できたかなということで、楽譜なしで先生に聞いてもらったが2~3カ所音をわすれてしまう。
左手のバス音も何カ所か間違っていたらしく、1小節目から左手のバス音だけ弾いてみるように言われる。
が、弾けない....
1回だけ見ていいからと楽譜見せてもらってすぐに楽譜無しで弾こうとしてもダメ。
何度かチャレンジするが、音が出てこない。
当てずっぽうに言うと先生に
違います!
と言われてしまう。
こんだけ簡単な音が弾けなくて、よく曲が弾けるもんだと呆れられる。
自分でも呆れてしまう
何度かバス音の部分を繰り返し弾いて覚えようとするが柔軟性に欠ける頭がなかなか覚えてくれない。
音が分かっていないので、音名を口に出しながら弾いてみるが、弾いているのと違う音名を言ってしまっている。
何度も何度も口に出しながら弾く練習をして、やっと慣れた頃にメロディーラインも同じような練習をする。
悪戦苦闘して、ようやく両手でメロディーパートとバスラインを合わせる。

どうでした?
と感想を求められ
指が先に動いて後から音名が出てきます。
そんな感じですね。もう一度弾いてみてください。

今度はどうです?
今度は指の動きと音名が同時に出てきました。
こういう練習を他の部分でもやってくださいね。
先生によると、ある程度弾けるのに音が分かっていない生徒は初めての経験だそうです。
音が分からないと全く弾けない人がほとんどだそうで、特異なケース??
本人は、頭ではなく指が覚えている感じかと思っている。
音名を言いながらの練習は通勤中でもランニング中でもできるので、やってくださいねとアドバイスいただく。
発表会前になると、いつもは優しいまよ先生が鬼コーチに変身します。
そこ、違う!ダメ!やり直し!
先生曰く、
私の顔を思い出しながら練習してくださいね。
ということだが、厳しい時の先生の顔は直視できないので、いつもの優しい顔を思い浮かべてしまう。。。

レッスンはバッハのインベンションもやっているが、こちらの方もなかなか進まず、今週は家での練習をサボったので前より弾けなくなった。
忙しくても少しずつでも良いのでなるべく毎日練習してくださいね。
ということで、こちらも少しずつ練習しています。
まだまだバッハの壁は乗り越えられそうにない。




 
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Copyright © 2012 ピアノ弾こうかなぁ~っと♪, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。