FC2ブログ
52歳から習い始めたピアノの練習日記など♪♪ マラソンやバイクなども交えつつ書いていきたいと思います。
http://usausau.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

うさぎのぽち

Author:うさぎのぽち
うさぎのぽちです。
現在55歳のオッサンです。
中学1年までピアノを習ってましたが、2年になる頃に引っ越しをして、それ以来ピアノから遠ざかっていました。
50になる手前で突然ピアノを再開して、52歳からピアノを習い始めました。
なかなか上達しないけどボチボチやっていこうと思ってます。
ピアノ初心者なのでよろしく!

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2012.05.19/ 22:24(Sat)
この記事は2週間前のものです。
ベートーベンの悲愴第1楽章8回目。

序奏部1小節目からダメだし。
付点リズムが甘いですね。
ここはもっと詰めて、ダーーーン、ダ、ダー、ダ、ダーーダ、休み
付点が甘いと優しい感じの曲になりますよ。


51小節目からのトリル(正確にはプラルトリラーというらしい)、なんとなくしっくりと弾けないので先生に相談。
ここのところどう弾けばよいかわからないので教えてください。
先生は音を前に出す方法で弾くように、
タラ、タリ
という風に弾きましょう。

太字のところを左手の拍と合わせる方法を教えてもらった。

提示部(小節目に戻る)は左手のトレモロまだまだうるさい。
を意識して弾きましょう。
今回から音の強弱の注意が厳しくなった。
クレッシェンドのところは先週よりも細かく指導された。
この曲は全体を通して、ほとんどがpでfになる部分がわずか。
クレッシェンドを決めるのがこの曲のダイナミックさを表現する重要ポイント。
でも、左手の力が入って音が大きくなりがちでpにするのが難しい。

167小節からのppの右手は音がゴニョゴニョして何を弾いているのかわからない。
特に4→2の指のところが曖昧というか音が出ていない。
4番の指は弱いので音が出にくく要練習。

207小節からの和音が下降するところ、相変わらず和音が弾けてなくグダグダ。
先生もこんな苦労するとは思っていなかったようで半ばあきれられている
ここだけみっちり一週間練習するぐらいの気持ちでがんばりましょう。
うぉっす!
と心のさけび。。。
繰り返し指と耳に音を覚え込ませること!!
あいまいな部分は楽譜に色えんぴつで書き込むなど視覚的にも意識付けさせるようにしましょう。
ショパンの時もいろんな色を塗って曲のイメージを思い浮かべるようにしたのを思い出した。

今回もせっかちな癖に注意してゆっくり練習するよう指導していただきました

今日のまとめ
クレッシェンドが決め手!
スポンサーサイト



 
Category: レッスン
編集[管理者用] Trackback(1) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback

 

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【レッスン日記】

この記事は2週間前のものです。ベートーベンの悲愴第1楽章8回目。序奏部1小節目からダメだし。付点リズムが甘いですね。ここはもっと詰めて、ダーーーン、ダ、ダー、ダ、ダー
まとめwoネタ速neo【2012/06/07 13:41】

 

 
Copyright © 2019 ピアノ弾こうかなぁ~っと♪, all rights reserved.